***Update***ドイツの有望な生成AIスタートアップ(10社)

language robot AI
欧州発の画像生成AI「Stable Diffusion」で作成
アップデート – 23/6/14

2023年6月14日、フランスの生成AIスタートアップMistral AIが投資家から1億500万ユーロの資金を調達3人の設立者はそれぞれ、グーグルのAI企業DeepmindやMeta(旧Facebook)で大規模言語モデルの開発を主導していた。Mistral AIは欧州企業向けにAI言語モデルを構築する。ドイツの生成スタートアップAleph AlphaやNyonicと同様に、(欧州企業にとって重要なポイントである)データ保護・データセキュリティ、透明性に重点を置き、それを‘うり’にする意向。

アップデート – 23/6/1

2023年6月1日、SAPのAI部門のトップであるDr. Feiyu Xuが他の著名なAI専門家と共同で、生成AIのスタートアップNyonicを立ち上げるために同社を去ることが明らかになった。Aleph Alphaと同様に産業分野の特殊な用途に適した、複数の欧州言語をサポートする大規模言語モデル(LLM)を開発するという。

米国のOpenAIに技術的には対抗可能

ここ最近、ChatGPTを始めとする生成AI(ジェネレーティブAI)が世界的に注目を浴びている。米国と中国が圧倒しているように見えるが、生成AIの研究開発でドイツは意外と世界のトップレベルにある。

ドイツ人工知能協会によると、有望な生成AIモデルの開発に取り組んでいるスタートアップ企業が現在、ドイツに12社ある。その中でも最も有望なのがAleph Alpha社で、(米OpenAIのChatGPTと技術的に競い合える)欧州発の大規模言語モデル「Luminous」を開発している。

ドイツの起業支援プログラム「AI Founders」によると、生成AIに焦点をあてるスタートアップ企業がドイツで急増中。本年の同プログラムへの応募企業200社の内、3分の1が生成AIに携わっているという。昨年は150社の応募企業の中で、生成AIに特化したスタートアップは1社のみだった。

  • ドイツ・ミュンヘン大学にて開発された画像生成AI「Stable Diffusionは、米OpenAI社の「DALL-E 2」と並んで世界トップレベル
  • ドイツのスタートアップAleph Alphaの大規模言語モデル「Luminousは、米国のOpenAIのChatGPTに技術的には対抗可能

Aleph AlphaではChatGPTとは異なり、産業分野におけるアプリケーションに焦点をあてている。ChatGPTが現在、使い物にならない分野、すなわち法務・医療・金融など産業的・専門的な複雑性・重要性・付加価値の高い分野に重点を置く。

ドイツの生成AIスタートアップ(TOP 10)

企業名本社所在地設立年資金調達額分野
Cognigyデュッセルドルフ2016年$69.0M対話型AIプラットフォーム(顧客・従業員サポート)
Jina AIベルリン2020年§37.5Mニューラル検索プラットフォーム
Aleph Alphaハイデルベルク2019年$30.8M汎用AI(大規模言語モデル)
Ultimate.aiベルリン2017年$27.4Mチャットボット(顧客サポート)
deepsetベルリン2018年§15.6M自然言語処理システム(セマンティック検索)
Hyperganicミュンヘン2014年§7.3MAIベースの製品・部品の設計
Twainベルリン2021年§4.5MAIベースのコミュニケーションアシスタント(効果的なメール)
Cogramベルリン2021年$4.5Mテキスト生成(オンライン会議でのメモなど)
Conversion Makerオッフェンブルク2020年$4.0Mテキスト生成(最適化された製品説明、メール、SNSの投稿など)
Fyrfeedベルリン2020年$2.6Mテキスト生成(SNS・ブログ記事などコンテントマーケティング)
出所:ドイツの経済新聞「ハンデルスブラット」など

課題は「German Angst」の克服?

英米では、典型的なドイツ人の特徴・国民的な性質を表す言葉として「German Angst(ドイツ人の不安)」がかねてから使われている。ドイツ人の未来への恐怖と安全への極端な欲求と結びついた、臆病さ(大胆さの欠如)と躊躇を意味する。

ドイツ人はリスクや変化に対して過度に慎重で、彼らの行動は懸念と不安によって特徴づけられている。ポジティブな変化を期待するよりも、ネガティブな変化を恐れている。この国民的な性質が、生成AIの普及を大きく妨げる可能性がある。

  • ドイツの投資家が慎重なため、資金面で米国のスタートアップ企業と比べて不利
  • SAPなどのドイツの大企業も慎重で、(マイクロソフトのような)大胆な戦略に欠ける。SAPが(マイクロソフトが出資しているChatGPTのライバルとなる)Aleph Alphaに1億ユーロを出資するという報道記事が3月31日にあったが、いまだに踏み切れていないもよう
  • ドイツ政府・EUも生成AIのチャンスよりもリスクのほうに焦点をあてている。欧州委員会が提案しているAI法は「世界初の包括的なAI規制」とされるが、革新的なAIの開発や活用にブレーキをかける恐れがある
  • 結果として、ドイツ・欧州のAI専門家・起業家のEU域外への流出につながる可能性がある

ドイツ人の用心深い性質のおかげで、フル自動運転や強いAI(汎用人工知能)がもたらすネガティブな影響・被害を避けられる可能性もある。

タイトルとURLをコピーしました