所長のプロフィール

湯川 久美子(Dr. Kumiko Gnibba-Yukawa

メール kumiko@gnibba.de、gnibba-y@technomist.pro

  • 米国や英国には高校時代に短期で行ったことがあり、どこか他の国を経験してみたいと思いました。英米の大学には日本人留学生が多いため、あまり競争上の優位性にはならないと感じ(しかも一般的に授業料が高額)、独自の強み(いわゆるUSP)を持つためにも敢えて英語圏以外を選びました。
  • 高校ではフランス語を専攻しましたが、フランスの経済や技術を学んでもそれほど意味があるとは思えませんでした。
  • 東西のドイツが統一した直後で、ドイツが欧州の中心的な国になる予感がしました。ドイツは昔からの工業国で、同国の「社会的市場経済」にも興味を持ちました。多数の日本企業もドイツに進出しています。しかも当時、ドイツの国立大学の授業料がほぼ無料で、コストパフォーマンスが極めて良かったことが決め手となりました。
  • ビーレフェルト大学を選んだ理由は、同大学の経済学部が数学的アプローチで知られていること、さらにビーレフェルトが標準語を話す地域であることです。

… もっとも、再統一後のドイツは深刻な不況に襲われ、実際に欧州の盟主となったのは10年が経過した頃からでした。その後も、(ユーロ危機、難民危機、ブレグジットなど)経済的・社会的・政治的危機で欧州は大揺れ。パンデミックに続いて、ロシアによるウクライナ侵攻とエネルギー危機にも見舞われています。30年間を通してドイツを観察してきた私の印象では、「しぶとさ(好転するまでじっとしのぎ通す)」、「プラグマティズム(不満足・不快でも折り合いを付ける)」、「鈍感力(意気消沈しない)」で毎回、乗り切っているように思えます

湯川 久美子(Dr. Kumiko Gnibba-Yukawa)

10年前からドイツ人の老若男女に混じって陶芸をしています。創作活動では仕事で使うのとは異なる脳の領域を刺激し、さらに様々な年齢層や職業の人々(80代の元眼科医から20代のファッションモデルまで)と交流することで視野を広げるようにしています。

略歴

1970年 神奈川県生まれ

神奈川県立外語短期大学付属高等学校外国語科卒業

武蔵工業大学工学部電子通信工学科中途退学(3年後期)

三井不動産子会社にて人材開発トレーナーを務める

1993年 渡独

ドイツの国立大学 Universität Bielefeldにて経営学ディプローム(修士号に相当)取得(オペレーションズ・リサーチ専攻

ドイツの大手コンサルティング会社KPMG Consultingに戦略コンサルタントとして入社

在独日系コンサルティングの草分けFBC社と提携し、欧州市場調査のプロジェクトマネジャー(フリーランス)、並行して博士論文を執筆

Universität Bielefeldにて経済学博士号取得(Dr. rer. pol.)、データ分析に関するテーマmagna cum laude – with great praise

2007年 PRUDENTIA Marketing Research Ltd.を共同設立し、経営責任者に就任

2023年 同社のテクノロジー関連分野の事業を発展させるために、単独シンクタンクDr. Gnibba-Yukawa TECHNOMISTを設立

講演

データ分析に関するスピーチ
出典: 「第1回 DMラボ 国際ワークショップ」 関西大学 データマイニング応用研究センターのホームページより

講演

論文

プレス

  • ドイツの今後の経済動向, ドイツニュースダイジェスト誌, 2018年5月4日, 1073号, p13.
  • データ分析サービスで世界市場に挑戦(プルデンシア・マーケティング・リサーチ代表 湯川 久美子) - グローバル時代を生き抜くチカラ 第4回, ドイツニュースダイジェスト誌, 2016年9月2日, 1033号, p.11.
タイトルとURLをコピーしました